2月19日(日)に鴨川市長選挙公開討論会を開催いたします。

公開討論会とは、選挙の公示(告示)前に、立候補予定者をパネリストとして迎え、それぞれの考える政策について討論していただく場のことを言います。

公開討論会はまだなじみが薄いものであるかとおもいますが、開催することに利点があります。住民の方は、公開討論会に参加することによって、来たるべき選挙に向けて、立候補予定者の政策を知ることができます。生の討論を聞くことができるため、形式的にどんな政策を掲げているのかというだけでなく、立候補予定者自身が政策をきちんと理解しているか、どれだけ本気で考えているか、そのひととなりも含めしることができます。

また、公開討論会でのテーマは、鴨川市の持つ魅力や、鴨川市の抱える問題です。ですから、公開討論会に参加することによって、住民の方は、自らが住み暮らすまちについて、一層多くのことを知り考えることができます。

そういった公開討論会を青年会議所が主催するうえで、どのように振舞うべきであるべきかと考えるにあたり、私はそこに主催者の私意性を孕んだものであってはならないと考えております。すべての方に公平中立な場を提供することが、青年会議所が主催するという意味であると考えます。そこで、開催当日及びそこまでの過程における行動、言動には注意をはらいたいと思います。そして、この公開討論会をやってよかったと思っていただけるようなものにしたいです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

開催日  :2月19日(日)

開催場所 :鴨川市市民会館(鴨川市横渚808−33)

開催時間 :17:30~19:30(開場17:00)

定員   :974名(入場無料)

後援   :一般社団法人リンカーン・フォーラム

問い合わせ:一般社団法人鴨川青年会議所/info@kamogawa-jc.jp